Mail Marketing Media

メールマーケティングメディアは、お名前.com メールマーケティングが運営するお役立ちコラムです。

メールマーケティングの基本!オプトインとオプトアウトの意味とは

メールマーケティングやアフィリエイトなどで頻繁に使用される言葉「オプトイン」。

みなさんは、「オプトイン」という言葉をしっかり理解をしていますか?

理解せずにメール配信システムを利用したりすると、知らないうちに法律に違反してしまうこともあるので、注意が必要です。

今回は、マーケティングの基礎となる「オプトイン」についてまとめました。初心者の方でも簡単に理解できるように解説します。

「オプトイン」とはどんな意味?

オプトインという言葉は知っていても、どんな意味か説明できる人は多くありません。

メールマーケティングとオプトインは、切っても切り離せない関係にあります。そのため、オプトインの意味をしっかりと理解することが重要です。

 

メール配信に欠かせないオプトインの意味

メールマーケティングでのオプトインは「受信許可」の意味。「opt」は、「選択する」や「決める」という意味を持っています。

新規登録した際に、「メールマガジンの配信を希望する」というような項目を見たことがありませんか?この項目に対して、「受信を希望する」と選択したらオプトインとなります。

ユーザー自らがメール配信の許可をすることに同意し、メール受信対象者に対してメールを配信することが「オプトイン方式」と呼ばれています。

オプトアウトとの違い

企業側がメール受信を希望していない人に対し、メール配信します。その情報が不要と判断され、ユーザーが受信拒否します。この拒否することを「オプトアウト」といいます。

2つの違いは消費者の希望によりメール配信が行われる場合は「オプトイン」企業からのメールを受け取ったユーザーによって拒否されることが「オプトアウト」になります。

 

法律でオプトインは義務化されている

平成20年の法律改正にてオプトイン規制が導入されています。新規制導入に伴い、いままで認められていた「オプトアウト方式」でのメール配信ができなくなりました。ユーザーにメール配信を行う場合、オプトイン(受信許可)を得ることが法律で義務化されています。

平成31年1月現在、「オプトイン方式」でのメール配信でしか法律で認められていません。

規制前であれば、「未承諾広告」と表示があれば、ユーザーの合意がなくてもメールを送ることができていました。しかし、規制により、このオプトアウト方式が禁止されたのです。

法律の改正に伴い、罰則金の金額もかなり引き上げられています。規制の範囲内でメールマーケティングをしましょう。

医療においてのオプトイン

医療業界でのオプトインとは、「本人の同意」のこと。
2017年5月30日に施行となった「改正個人情報保護法」に伴い、患者の同意なく第三者への診断や検査結果の提供が行えなくなりました。

同意という点では同じ意味ですが、マーケティングのオプトインとは違う意味合いがありますので、注意が必要です。

メールマーケティングにおいて無視できないオプトイン

メールマーケティングをするうえで、オプトインは最重要といっても過言ではありません。

ユーザーの合意が得られなければ、メール配信をすることができないからです。

オプトインの大切さを踏まえたうえで、なぜメールマーケティングが必要なのかを解説します。

メールマーケティングの重要性

みなさんは、スマートフォンに届いたメールを確認しますか?
おそらく、多くの人が確認すると思います。それは「メールが最も身近なコミュニケーションツール」だからです。

最も身近なツールであるメールを用いた「メールマーケティング」は、マーケティングにおいて欠かせない存在なのです。

有益なコンテンツを消費者に届けることができれば、それは売り上げにもつながります。

メールマーケティングの成功事例

メールマーケティングを活用し、商談件数が増えた会社様の例をご紹介。

保守サービスを主事業とする会社ですが、営業課題を抱えてました。

・新規営業するには人が足りない
・休眠顧客への再アプローチができていない

といった悩みを抱えていました。それらの悩みをメールマーケティングで解決したのです。

メールマーケティングに力を入れることで、新規顧客の獲得も効率よくできるようになりました。

とにかく足を使って営業するのではなく、メールに反応のあった見込企業に対し多くの時間をかける営業ができるようになったのです。

休眠顧客に対しては、有益な情報やノウハウを書いたメールを配信することで、もう一度興味を持ってもらうことができました。

その結果、商談件数が35件も獲得できたのです。

メールマーケティングを取り入れ、営業の負担も、休眠顧客の掘り起こしも同時に解決できた成功例です。

オプトインアフィリエイト・ASPはオプトインの知識が重要

オプトインアフィリエイトやASPの利用にもオプトインの知識が必要です。

オプトインの意味や規制を理解することが、オプトインアフィリエイトでの成功に繋がります。

オプトインアフィリエイトとは

オプトインアフィリエイトとは、「他者のメルマガを推薦し、その紹介の報酬を得る」アフィリエイトです。

「メルマガ登録1件300円」などの価格設定がされているものが多く、無料のメルマガを紹介し、ユーザーに登録してもらった段階で報酬が発生する仕組みです。

つまり、メルマガ配信をしている側は広告料として、アフィリエイト報酬を支払っています。

たくさんのメルマガ登録がいれば、自社サイトにある製品やコンテンツの強みを消費者に紹介することができ、結果的に製品やコンテンツを買う人が増えていくのです。

特定電子メール法に違反すると…

では、オプトインをしないとどうなるのでしょうか?
最悪の場合、取り返しのつかないことになります。しっかり違反事項を確認しましょう。

特定電子メール法に違反すると、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(法人の場合は3,000万円以下の罰金)」が課せられます。

違反する主な理由は以下の3つです。

【オプトインなしのメール送信】
オプトアウト方法は禁止されています。ユーザーの合意なしにメールを配信することは法律で禁止されています。

【架空のメールアドレスを使用したメール配信】
宛先に架空のメールアドレスを記載し、メールを送信するのは違法です。公表している自社のメールアドレスを使用し、送信しなければなりません。

【配信停止を無視したメール配信】
受信者がメール配信解除の手続きをしたにも関わらず、配信者が無視してメールを配信し続ける行為は禁止されています。

このような決まりを守らなければ、法律に違反することになるので、規約を厳守したうえでメールマーケティングを行いましょう。

効果的なメールの書き方

「メールマーケティングをしたいけど、どんな内容を送ればいいのかわからない」

そんな疑問を解決できるよう、ここでは効果的なメールの書き方を紹介します。これからメールマーケティングを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

気になるタイトルをつける

タイトルはメール配信において、最も重要なポイントです。メールを開いてもらえなければ、どれだけ良い中身でも意味がありません。

思わず開きたくなるようなタイトルをつけることが大切です。
効果が期待できる2つの方法を紹介します。

【数字をタイトルに含める】
数字をタイトルに含めることで、メールを開いてもらえる確率が上がります。
「たった1週間で」や「人気No. 1」など、数字を入れることで、読者の興味を惹くことができます。

【圧倒的な結果をタイトルにする例】
人が驚くような、結果をタイトルにするのも効果的です。
「日本人初、日米通算4000安打達成の秘訣とは」
「16歳の学生が、月収60万円を達成した方法」

など、少しでも驚くようなタイトルをつけると、メールを開いてもらえるでしょう。

効果的な文章にする

効果的な文章を書くことも大切です。ダラダラと文章を書き続けるのでは、頭に入ってきません。スタンフォード大学が提唱した「SUCCESsの法則」を取り入れることを、おすすめします。

SUCCESsの法則は、英語の頭文字を組み合わせた言葉です。意味は以下の通りです。

【Simple】
誰もが理解できる言葉で、伝えたいことを簡潔に書くことが重要。伝えたいことを、短くまとめることで、内容を覚えやすくなります。

【Unexpected】
意外性を込めることです。意外なことは頭に残りやすいです。

【Concrete】
事例や具体例を含めると、読者は理解しやすいです。どんなものか想像できるような例がいいでしょう。

【Credible】
過去の実績や、自分以外の意見を書くことで記事の信頼性が増します。自分の主観だけを押し付けないことが重要です。

【Emotional】
感情に働きかけることも大切。感情が動かない文章では人は行動しません。読者がなぜメールを受け取るオプトインをしたのかを理解し、感情に働きかけましょう。

【Story】
物語性を出すことも重要です。自分の経験などを盛り込むことで、内容を理解しやすくなります。

効果的になる構成を考え、メールを作成することが大切です。

 

レイアウトを工夫する

メールを開いたときに画面にびっしり文字が並んでいたら、読む気しないですよね?
レイアウトは、メールを開いたときに一番気になるところです。

読者が見やすいように工夫することで、メールを最後まで読んでもらうことに繋がります。

データを取る

広告担当者は広告メールを送信した後に、しっかりデータを取り、利用者のことを分析することが大切です。

URLのクリック率や受信エラー率、購入率など分析できることはたくさんあります。

データ分析をし、メールの質を高めていきましょう。質が高いメールは読者に期待され、製品やコンテンツ購入にも繋がりやすくなります。

オプトインはメールマーケティングの基礎中の基礎

オプトインはメールマーケティングをするうえで、最低限理解しておかなければいけない項目です。オプトインを理解せずにメール配信をすれば、法律を破り、高い罰則金を払うことにもなりかねません。

しかし、オプトインを理解し、メールマーケティングを行っていけば、高い効果を得られるのも事実です。

自社や自分のために、メールマーケティングを利用し、高い成果を生み出してはいかがでしょうか。

オプトインとオプトアウトのまとめ

今回は オプトインとオプトアウトの意味 についてお話しました。

・メールのオプトインは「受信許可」の意味
・メールマーケティングにオプトインは欠かせない
・オプトインの規約に違反すると大きな罰則金がある
・メールを有効的に利用するのがマーケティングでは大切

お名前.comメールマーケティングでは、配信条件を作成することができます。
情報を求めているユーザーに絞って適切に配信することが可能です。

ぜひ、お名前.comメールマーケティングを貴社のメールマーケティングに役立ててください。

【マーケティングお役立ち資料プレゼント中】

成功事例に学ぶ!LTVを最大化する3つのポイントを公開しました

すべての人にインターネット
関連サービス