Mail Marketing Media

メールマーケティングメディアは、お名前.com メールマーケティングが運営するお役立ちコラムです。

Webライターの始め方とは?初心者・副業でも稼げる方法まとめ

インターネットの発展によって、ブラウジングで情報を得たり、SNSなどで自ら情報を発信するようになりました。

そんな時代に注目されているのがWeb記事の執筆活動をする「Webライター」という職業です。

今回は、Web記事を執筆するWebライターの基本的知識や始め方、稼ぎ方まで詳しく解説。

Webライターとして活躍したい方や、フリーランスになって働きたいという方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもWebライターって?

Webライターとは、インターネット上に自分の書いた文章を掲載して生計を立てる職業のことを指します。

文章を書く職業には、新聞記者や本の作家などがありますが、これらは紙媒体によって情報を発信しており、Web媒体を利用するWebライターとは大きく異なります。

Webライターの具体的な仕事内容は、WebサイトやWebマガジンでの記事作成、オンラインショップで販売する商品の説明文作成、広告文章の作成などです。

制作記事は旅行サイトの記事執筆や美容メディアに掲載される美容系の記事、医療関連サイトに掲載される医療系の記事など、豊富なジャンルがあります。

健康食品のレビューや求人広告関連、IT記事やiOSアプリレビュー記事などもあり、制作案件によっては専門的な知識を伴うものも少なくありません。

【自由に働ける?】Webライターの魅力

「Webライター」と聞くと、フリーランスを想像する方も多いでしょう。

フリーランスとは、企業や団体に所属せず、自分のスキルを活かしてお金を稼ぐ個人事業主のことです。

フリーランスのWebライターは、Webライティングの案件を取り、納期までに文章を完成させさえすればいいので、サラリーマンのように拘束されることもなく、労働の自由度が高いといえます。

在宅ワークが基本なので、通勤の必要もありません。

労働環境における問題が発生している日本において、会社勤めを過酷だと感じている人は、自由な働き方を求め、フリーランスのWebライターになることを選ぶこともあるようです。

Webライターの中には、フリーランスではなく企業に勤務する人も多く、会社の活動や製品の特徴を紹介するライターや、Webライティングを専門に扱う会社で、依頼に基づいて製作するライターも存在します。

Webライターってどう始めるの?

特別な資格や経験がなければ、Webライターになれないと思っている方もいるかもしれません。

しかし、Webライターになること自体はとても簡単で、文章を書くことが苦でなければ心配することはありません。

ウェブ関連の知識も不要です。プログラミング能力もサイト構築・Web制作能力も必要ありません。プログラマーやシステムエンジニアの登竜門といわれる基本情報技術者試験を受ける必要もないのです。

Webライターとして生きていくために大切なことは、継続的に仕事をもらうことです。

ここでは、Webライターに必要なスキルや知識、Webライターとして活躍するための心構えについて説明します。

スキルを磨いて、Webライターとしての自信をつけることが肝心です。

Webライターに必要なスキル

Webライターに必要なスキルは、以下の3つです。

・クライアントとのコミュニケーションスキル
・情報取集スキル
・オリジナル性の高い文章作成スキル

クライアントとの円滑なコミュニケーションは欠かすことができません。

クライアントが何を求めているのかということを、打ち合わせの段階から読み取ることが大切です。

また、新規の取引が見込める場合は、自分を売り込む必要もあります。

Webライターは営業の能力といったコミュニケーションスキルも必要なのです。

ライティングにおいて、情報収集は文章の質を左右する重要な作業です。

ネットの検索エンジンを使った広範リサーチから始め、より正確な情報が必要な場合は、取材や資料の閲覧など、足を動かして調査します。

ネットで目的の情報を見つけても、そのままコピペするのは禁物です。意味は同じだけれど、まったく違う文章になるようにリライトしなければなりません。編集能力もある程度は必要といえます。

また、流行や社会情勢に敏感であることも大切です。「即日対応可」といったスピードも重宝されます。

文書作成では、オリジナル性を意識します。

Web上では、膨大な情報が垂れ流しの状態になっており、同様のテーマを扱う文章がたくさん見られます。
その中で人々の目を引くためには、ユニークな文章を書くことが大切です。

Webライターに必要な知識

Webライターに必要な知識は、以下の2つです。

・ある分野の専門的知識
・SEO対策についての知識

何かひとつ、詳しく語ることができる分野を持っておくことは大切です。

文章作成業務を楽しみながら進めることができますし、専門知識が充実した記事は、他のライターが書いた記事よりも魅力的なものになるでしょう。

もし、特定の分野に関する知識がない場合は、記事作成で扱った分野の中で、興味を持ったものの知識をさらに増やしていくと良いでしょう。

SEOとは、「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の省略語であり、Googleなどの検索エンジンにキーワード入れて検索した時、上位で表示されるようにライティングやリンクの貼り方を工夫することを指します。

SEOライティングに関する知識を深めておくことで、たくさんの人が閲覧してくれる人気記事を作成することができるのです。

Webライターの心得

Webライターは、自分の書いた文章が誰に対して、どのように伝わり、どのように情報が利用されるのかということを絶えず考える必要があります。

Webライターが書いた文章を見に来た人は、自分にとって何か有益な情報が得られることを期待しています。

「どんな情報を盛り込めば、読者は満足してくれるのか」と、読者の立場に立って記事を作成していくことが肝心です。

必要な内容、不必要な内容がわかり、簡潔で読みやすく、充実した内容の文章を書くことができるでしょう。

気になるWebライターの収入

フリーランスのWebライターの場合、ライティングの収入は文字単価で決まる場合があります。まだ経験が浅いうちは、稼ぎたいという想いとは裏腹に文字単価の低い仕事が多いのです。

サラリーマンよりも稼ぐWebライターは存在しますが、多くはありません。平均的な年収は300万円前後といわれています。

年収300万円は単身者にとっては十分な額ですが、自分以外を養っていくという場合、かなり厳しいかもしれません。ただ、正社員と違いやればやるだけ収入を得ることができるので、収入をカスタマイズできるのは利点です。

Webライターで稼ぐには

Webライターとして食べていくことは簡単ではないことがわかりました。しかし、正しい方法で経験を積んでいけば、収入を着実に増やしていくことができます。

ここでは、Webライターで稼ぐために利用したいサービスや具体的な手段について解説します。

クラウドソーシングを利用しよう!

「手軽にお金を稼ぎたい」「Webライターとしての経験を積んでみたい」という初心者の方におすすめなのが、クラウドソーシングです。

ランサーズなどのクラウドソーシングは、企業などが個人に対してネット上で仕事を発注できるというサービスで、多くのフリーランスがこのサービスを利用しています。

クラウドソーシングのメリットは、未経験者でもできるライティングの仕事がたくさんあることです。

募集をかけている企業から、書き方のコツやルールを教えてもらえるので、安心して取り組むことができます。マニュアル制作も企業がしてくれることが多いので、それに沿って執筆を行えば問題ありません。

しかし、文字単価が非常に低い案件なども多数存在するため、案件の見極めが大切です。

高収入を得るには、受注実績を増やして一目置かれる存在になるしかありません。
ランサーズは、実績一覧を見れば今までの受注実績が確認できるので、評価が高ければ執筆依頼は絶えないはずです。

Webメディアを活用する

Webメディアから情報を発信しているライターが、いかにもプロのWebライターという雰囲気があります。

ですが、常にライターの求人情報を出している有名Webメディアは少なくありません。

それは有名なメディアになるほど、求められるスキルや経験が高まっていくため。
有名Webメディアはクオリティの高い記事を掲載するために、常に求人募集を出しているのです。

フリーランスのWebライターとして稼ぐためには、Webメディアでの執筆を目標にするべきでしょう。

ライターとして正社員になる

ライターとして会社に勤めるという選択肢もあります。

正社員として働くことができるので、フリーランスよりも収入は安定しますし、福利厚生などの恩恵を受けることもできます。
社員の教育もあるため、スキルを着実に身につけることができる点も魅力的です。

しかし、フリーランスに比べ、自由な時間が限られてしまうことはネックになります。

ニュース記事などは鮮度が重要なので、その分早めに執筆をしなければなりません。インターネット広告代理店では、定期的に求人を募集しています。

その他の方法

Webライターとして稼ぐための方法には、以下のようなものもあります。

・読者課金型メディア
・電子書籍化
・コネクションを作る

noteなど、個人が書いた文章にお金を払い、閲覧するというサービスが注目を集めています。
有名な人でなければ集客は難しいかもしれませんが、SNSの利用や戦略次第では、大きな収入を得られるかもしれません

電子書籍の登場で、手軽に本を出版できるようになりました。
在庫リスクのなく、Webライターが稼ぐ手段のひとつとして定着しつつあります。

ライター育成講座など、ライティングを学ぶ場やフリーランスが集まるセミナーなどで、講師や受講者とコネクションを作るという方法があります。

仕事が回ってくることもあるので、関係を作っておいて損はないでしょう。

Webライターで働き方改革を

変化が激しいWeb業界で、ライターとして生き残っていくことは簡単ではありません。

しかし、日本人の働き方を見直す必要があるといわれている中で、Webライターとして独立し自由な働き方を模索することは、ストレス社会で生きる人々にとって憧れの職業といえます。

そんなWebライターに必要なのは、読者が満足できるWebコンテンツを作る能力です。

情報収集スキルやオリジナル性のある記事の作成スキル、SEOライティングやWebページ全般についての勉強にも取り組むべきでしょう。

Webライターとして成功して、時間やお金に囚われない自由な生き方を手に入れましょう。

Webライターのまとめ

今回はWebライターについてご紹介しました!

・Webライターはインターネット上に自分の書いた文章を掲載して生計を立てる職業
・専属のライターもフリーランスのライターもいる
・Webライターには、情報収集スキルやSEOライティングの知識が必要
・クラウドソーシングはWebライター初心者に便利なサービス

すべての人にインターネット
関連サービス